まちなか販促発見Vol.142 意味が無いと思っていても。

2019-04-15

こんにちは!能見です。

だいぶ過ぎてしまいまいしたが、
新元号、決まりましたね。

「令和」

みなさんはどう、感じましたか?

「ラ」行の音は、なんとなく上品な感じがして、
私は、個人的には好きです。
「礼」「蘭」「麗」「蓮」など。

時代が変わるタイミングで、
自分も何かをしよう!という方も多いのでは、と思います。

何かを始めるにあたって、やっぱり必要なのは・・・

継続は力なり

ラジオに刺繍芸人、上田歩武さんという方が出ていました。

刺繍が趣味だった彼女の影響ではじめて、
すぐに別れてしまい、寂しさを紛らわすために
刺繍ばっかりやっていた、

というのが始まり。

2年間で2000個の刺繍をひたすら作って
ひたすらSNSにアップしてたら
アパレルメーカーからお声がけいただいたという話でした。

2年間で2000個ってとんでもない数ですよね。

毎日5個以上作っている計算です。

最初はぎこちないデザインも、どんどん洗練されてきて
芸人というよりもアーティストとして注目されているそうです。

アイデアもすごいし、継続は力なり、が
まさに形になった方でした。

上田歩武さんinstagram

「ツメ」が甘い

身内ネタが続きますが、私には2つ下の弟がいて、
いつも怒られることがありました。

それは、「ツメが甘い」

美術の彫刻作品を持って帰ってきては、

「姉貴、これツメが甘いよ、ここもっと彫って
ヤスリも甘い!」

友達の誕生日に手作りカードを作ったときは、
旗の形をしていたのですが、

「この旗の柄の部分、カードと同じ色に塗らない?
絶対、その方が見栄えいいって」

あ、ですよね、ツメが甘いですよね。。。

なんだかんだと自分よりも熱心にやってくれる弟に
怒られながら、宿題を仕上げた覚えがあります。

そんな弟の趣味というか特技は、
我が母に引き続き、「絵」です。

これが、母のいたずら書きと比べるのもなんですし、
身内で言うのもおかしな話ですが、
やたら上手いのです。
(ちなみに母も本気で描くと、上手く、
若いころ雑誌に短編絵本が掲載されたそうです。)

弟は、職業は全く関係ない建築現場系の仕事です。

10年以上前になりますが、彼がずっとやってたことは
「デッサンを描き続ける」
でした。

美術の学校に行ったわけでもなく、
誰かに習っているのを見たこともないですし、
ネットも無い時代。
独学で毎日のように自分の手の形を変えて
ひたすら鉛筆で描いていました。

陰影も細かくつけて、
ティッシュと消しゴムを使ってうまくボカして、、
なんとかその形を再現しようとする集中力。
みごとです。

私は職業柄、イラストが描けた方が良い立場にありますが
絵はほんとになかなか上手くならないです。

とあるブログのイラストの達人の話によると、

最初から上手い、才能がある
という人はほんの一握り。

何度も何度も形を模写して、
その形が頭にこびりついて
そのパターンがどんどん増えて、
それを組み合わせて頭でデザインして
それを紙に落とす。

何度も何度も線を描き続けて
ブラッシュアップされていき、
どんどん絵が上手くなる。

そしてそれを集中して何時間続けても
突き詰める事。

分かっちゃいるけどなかなかできない
「やり続けること」
絵を描くことも、それを経た人が持つことができる技能。
そして、私は継続できなかった組です・・・

ちなみにその、弟の現在ですが、
結婚して家を出てからしばらく経ち聞いてみたところ、

「ずっと描いてないから、もう描けないよー」

と言っていました。

が、数ヶ月後、娘のために買った色鉛筆が手に入り、
昔の感覚が蘇ったのか、たまに描いたものを送ってきます。

長いこと断り続けられましたが、
ブログ載せて良いという許可をやっと得られたので笑
少しご紹介。

全部色鉛筆というのでビックリしました。最後の絵は載せるの迷いましたが、服の再現がリアルなので載せてみました。 友達の絵だそうです(^_^;)

積み重ねていることが違う

私たちが日々仕事の中で、
「こんなことためになるのかな」
と思うことも日々、積み重なっています。

やり続けることによって、ある日突然
ずっと難しいと思っていたことが、できるようになる。

みなさまも経験があるはずです。

私もありました。

「あの人とは元から違う」

のではなく

「あの人とは日々積み重ねていることが違う」

のです。
私もまだまだ「ツメ」が甘いです。

こうやって文章を書いているのも
ツメは甘いし、今は不定期ですが、続けていたから
なんとか形になってきました。

そして、このメルマガ、いつもそうですが、自分で書きながら
「あ、そっか、これをすればいいんだ」と気づきがあります(笑)

これも「コツコツ」の結果かな?

メルマガを送ってくださっているお客様も
ニュースレターを送ってくださっているお客様も
突然できたわけじゃないけど、
やっていたら出来るようになってきた、
と仰っています。

目の前の仕事が
「自分にはできない」
とあきらめる前に、一緒に「コツコツ」
がんばりましょうね。

私も頑張ります。


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.