まちなか販促発見Vol.138 一歩先でも半歩先でもちょっと先回り

2019-01-18

行動を先読みした一粒のやさしさ

新年、とあるお店でお客様先にご挨拶にいくのに
お年賀を選んでいました。

(写真を見ちゃったらどのお店か一目瞭然ですね(笑))

高級なお煎餅やさんで、ショーケースに並んでいる
お煎餅は本当にどれも美味しそうだったのですが、
中でもひときわ目立っていたのが、
アーモンドがゴロッと入っているおかき。

アーモンドおかきかよ!と言われるとそれまでですが(;^_^A

なぜだか分かりませんが、それにものすごい惹かれて
しばらく見つめましたが、贈答用の箱に入っている個数が
ちょっと少なく断念。

そして横の小袋コーナーを見ると
その高級アーモンドおかきが少しだけ入ったお持ち帰り用が!

たった5つ程度しかはいっていないのに
500円ぐらいするんです!
味見したいだけなのに500円!

た、、たかい!!

それもしばし見つめてやっぱりやめました(笑)

そしてその隣にある、砕いたアーモンドが入ったおかきが
たくさん入っている100円のものを
おやつ用に。

せこいですねー笑

贈答用はお年賀らしい真っ赤な箱のアソートを購入しました。

店員さんが他のお客様ご対応中でしたので、
少し待ってお会計しました。

袋に入れて、「ありがとうございました」と手渡されるその時、
店員さんが、もう一方の手に持っていたのは、
私がひとしきり葛藤した高級アーモンドおかき!!

「看板商品ですのでぜひおひとつお試しくださいね」
と笑顔で1つ渡してくれました。

「あ、これ食べてみたかったんです。。」
というと無言でうなずく店員さん。

分かってたんだ~。。。

他のお客様をご対応していたので
全く見てないと思っていたのですが、
小さなお店なので、高級アーモンドおかきを見つめている姿が
目に止まってしまったのだと思います。

なんとも恥ずかしいやら嬉しいやらな気持ちで受け取りました、、、

このお店の店員さんは、私が取っている行動で
「何が欲しいのか」
を感じ取ってくれたのですね。

じーっと見つめる姿を、見られてたとは、、
やはりはずかしい笑

それにしても、
言葉に出していないのに、一歩先回りしてくれ
欲しいと思うものをさりげなく渡してくれた店員さん。
本当に素晴らしいです。

こういう気配り、嬉しいですよね。


↑高級なひとつぶーー!

◆お客様の効率まで考える先回り

先日の新聞(※)に掲載されていた
丸和運輸機関という物流会社の和佐見社長という方は、
いま、人手不足で大変困っている通販や小売業の物流周りを
スーパーサポートする救世主。

アマゾン、マツキヨの商品を運ぶだけでなく
仕入れや検品、納品などまで行ってくれるとのこと。

お店側は店員の作業も減って人件費も削減。
物を運ぶだけが物流じゃないということを
体現した会社です。

そんな社長は、まだ売れない時代、
雨でぬれた一斗缶を運ぶのに
「ひとつひとつ拭いて製缶工場に運ぶ珍しい運転手がいる」
と言われ、うわさが広まったそう。

頼んでもいないけど、やったら絶対に助かることを
当時から見抜いて、それを素早くやる。
なかなか出来そうで出来ないことです。

「後方支援ではなく前方支援」と仰っている
和佐見社長。

常にお客様の困っていることを先回りして感じ取っているのですね。

ちょっとだけでも・・・

日々の仕事の中で、
どうしても目先の仕事ばかりしているときは
「お客様がどうして困っているか」
まで考えず言われたことだけを
やってしまいます。

それは私もしかり。。。

でも、ほんのちょっと先回りしただけで
こんなに感謝されるものか、という時があります。
やって良かったな、仕事って楽しいな、
と思う瞬間です。

仕事ではなくても、どんな時でも
人と人ってそういうものですよね。

きっと私もまだまだ鈍くてどうしょうもないところが
ありますが、2019年、皆様の一歩でも半歩でも
先にいって何が足りないか見つけられるよう
頑張ってみたいと思います。

これを読んでいるみなさまもきっと、一歩先行く方々だと思います。
今年もぜひ、感謝いっぱい受けて
お仕事の楽しさ、見つけていってくださいね。

それでは、また次回!

※日経MJ 1/16号より


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.