VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第19号】

2013-08-02

━*。・’*:.━━━━━━━━━━━━ 2013年8月2日発行 第19号━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.’゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!VMI.能見です。

今週末は地元で花火大会があります。

心配なのはゲリラ豪雨ですね。

というのも、毎年欠かさず行っている隅田川花火大会。
今年は生の花火をたったの3発見ただけで終わってしまったのです。

他の大会もどうやら、豪雨の懸念は免れられない様で、
今年の花火は、実物を見ることが貴重になりそうですね。

なんとか晴れますように…。

それでは、今週も行ってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─┐
│1│ 宮本書き下ろし文献掲載の「2013年からの印刷業界」が発売!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 宮本描き下ろしの文献「デジタル印刷市場の変貌」が掲載されている
 「2013年からの印刷業界」が印刷之世界社から発行されました。
 
 これからの印刷業界の傾向や可能性を、業界を代表する方々の
 それぞれの視点から語られている文献です。
 10年に一度の発行、未来を見据えてこれからの活動に大きく
 役立つ貴重な文献です!
 宮本のページだけでも45ページ分、総ページ数297ページの
 充実した内容を¥2,000で販売いたします。

 もちろん、バリューマシーンインターナショナルでも扱っています。
 
 詳細はWEBのページをご覧ください!
 http://value-machine.jp/archives/2170

 ※前回のメルマガに掲載したところ、たくさんのお申込みをいただいて
  おります。引き続き受け付けておりますので、お気軽にお申込みください。

┌─┐
│2│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 《メルマガバックナンバー更新》
 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 毎号配信後に更新しています。
 
 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●次に必要なものをオススメする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、強風で倒れていとも簡単に壊れてしまった自転車と
おさらばしましたが、あれからはや3か月、
ようやく新しい自転車が我が家にやってきました。

購入先には、街の小さな自転車やさんも検討しましたが、
結局大手の「サイクルあさひ」さんで購入。

特にこのお店を選んだことに、深い意味はなかったのですが、
購入時になって、やっぱり急成長しただけあるな、
と思わせてくれるサービスがたくさんありました。

中でも、購入時に入会できる「サイクルメイト」という補償サービス。

盗難保険、防犯登録、自賠責保険、無料点検、修理割引
など、自転車にまつわる補償のほとんどを
パッケージ化して、おススメしてくれるもの。

防犯登録は絶対に入らなくてはいけないものなので、
自然とこちらのパッケージがお得な感じがして、
結局入ってしまいますが、バラバラに入っても
そんなに金額は変わらないものと思われます。

さらに、もう一つのオプションパッケージとして、
パンク修理キット、サドル盗難防止ロック、U字ロックなどの
パッケージ販売もおすすめされました。

私はさすがにそこまでは付けませんでしたが、
慎重な購入者だったら、これらのものも
一緒に契約する可能性があります。

大昔に2週間で原付バイクをとある事情で失い、
盗難保険も入っていなかったので、もう一度同じバイクを
買った私としては、購入時に必要なものを
おススメしてくれなかったお店を恨んだりもしたものでした。

そういう意味でも、購入者の「何を備えておけばいいのか分からない」
という疑問を解決するべくできたこれらのパッケージは、
店員も根拠を持っておすすめしやすく、画期的。

さらに2段階にわたって、パッケージが分別されているので、
選択する方も、ステップとして考えやすい。

以前、結婚式で着るような、ドレスを販売しているお店で
10年以上も勤めている方にお話を伺う機会がありました。

ドレスは安いものではないので、アクセサリーやバッグを
安価に済まそうと、別のお店で検討するお客様が多い中、
その方がオススメすると、高額でもほぼ、同店で購入してくれるそうです。

彼女が言うには、
「自分のお店のドレスに本当に合うアクセサリーや
バッグを知っているのは、自分だから、結果的に金額は高くなっても
オススメしなかったらお客様が損する。だったら、どんなに高くても
おススメすべき。」

その話を聞いて、自分もハッとしました。

彼女は、今ドレスを購入したお客様が、
“次に何を必要とするか、どういうコーディネートを求めているか”
を長年の間に自然と身に付けていて、お客様が
「どうしたらいいんだろう」を解決していることで、
自然と売上があがっていたのでした。

利益を上げるためには、価格を上げるほかに、顧客の単価を上げる、
顧客の数を増やす方法があります。

価格を上げることは非常に難しく、顧客の数を増やすことも
伸び悩む場合は、顧客の単価をあげることが利益をあげるための
近道となってきます。

そのためにも、今その商品を買ったお客様が、次に何を必要とするのか?
お客様の心理を強く感じることが必要となってくるのです。

ファーストフード店の
「ご一緒にポテトもいかがですか?」
のあのひとことですね。

あなたは言えているでしょうか?

────────────────────────────────
写真付きブログはこちらから!
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/31161766.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、久しぶりにiphoneを自宅に忘れてしまいました。
その日は、お客様先をはじめ、あらゆる場所を
移動しなくては行けなかった日。

あらかじめパソコンで刷り出した地図を何枚も持ち、
いざという時は、会社の携帯のショートメールで連絡を取り、
空いた時間には新聞ばかり読んで。。

と一日過ごしました。

縛られるものが何もなく、道の方向感覚なども頼るものが
無いし、空いた時間はアナログ媒体に目を通すしかない。
だけど、なんとなく神経が研ぎ澄まされて、感覚が蘇った
気がしました。

頼るものがありすぎるから、考えることをしなくなる、
というのは本当かもしれません。

スマホ依存もほどほどに、と自分に言い聞かせた日でした。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また次回!

ご意見・ご感想はこちらまで→support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
 http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
 http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
 http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2013 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.