VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第10号】

2013-03-01

━*。・’*:.━━━━━━━━━━━━2013年3月1日発行 第10号━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.’゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!VMI.能見です。

3月に入りました。急に暖かくなってきましたね
日々春が近づいていて、うきうきした気分に
なってくる頃ですが、花粉症の方は
ちょっと憂鬱でしょうか?
私はまだ発症していないのですが、
知人を見る限り、すごく大変そう…

花粉症対策というと、眼鏡にマスクですが、
最近ではオシャレな眼鏡も出てきていますね。

毎年お付き合いするものなら、なんとか
小物を取り入れたりして、楽しみたいものですが、
そう簡単にはいかないのでしょうね。。

それでは、まいりましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 《メルマガバックナンバー更新》
 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 毎号配信後に更新しています。
 
 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●生産者と寄り添う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、「Ghana&かっぱえびせん」 というお菓子を発見。
早速購入して食べました。

この商品は、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の
セブン-イレブン限定商品。

変わったコラボレーションだな~、とは思っていましたが、
北海道のロイズのチョコがけポテトチップスが
とっても大好きな私は、この組み合わせは絶対いける!!
と、迷わず手に取りました!

しょっぱあまくて、予想通りとても美味しい商品でした。
あっという間に店頭から無くなっていて、ショック。。

それはさておき、最近はコラボレーションも
一般的になってきて、「ビックロ」が出来たあたりから
意外性のあるものが、実現されることにも驚かなくなってきました。

ビックロの様にそれぞれの商品を組み合わせて、
販売方法を再編集し、新しい視点を生み出すコラボレーションの形。
全くの競合で一つの商品を創り上げて、
カテゴリー全体のシェアを盛り上げる形など、
コラボレーションマーケティングの形も様々。

また、だいぶ浸透してきましたが、生産者を引き上げる
コラボレーションの形も、まだまだ盛り上がりを見せています。

LAURELという化粧品会社は、北海道砂川市を起点とする会社。
素材は全て北海道のものを使用しています。
北海道ではとても人気のある化粧品で、
東京にも進出し始め、たまたま先日百貨店のイベント会場
に設営されていたところを発見。

そもそも商品が展示されている棚からして斬新。

化粧品のショップなのに日本酒がどかんと展示されているのです。

残念ながら、日本酒は購入することは出来ないのですが、
北海道の「小林酒造」さんという生産側の名前が
前面に出され、パッケージにも同社の名前が刻まれています。

よもぎ、昆布、あずき、ラベンダーなどの変わり種素材も
北海道の素材。
原材料は直接確かめてから使用する、というこだわりのもと、
社員の方が直々に、産地にご挨拶に行き、実際に一緒に
収穫することもあるそうです。

千住にある当社のすぐ裏でも、素材にこだわる方がいらっしゃいました。

当社の裏通りには、スーパーでは決して見かけない
立派な太さをした葱を卸している市場があります。

そこは、日本で唯一の長葱だけしか扱わない市場で、
埼玉や千葉の生産者から、自信の葱を持ち込まれては、
日本一の葱が選ばれる場所なのです。

その市場で厳しい葱商に見初められた葱は、「千寿葱」と呼ばれ、
東京の8割の料理店に出回っていくのですが、飲食店とのやり取りがほとんどで、
一般消費者にはお届けできていませんでした。

いまは生産者を盛り上げるためにも、葱商が、
生産者と消費者の架け橋となり、頑張っています。

地元の酒屋さんの葱酒と、パッケージ化された商品を販売したり、
フランス料理のシェフが調理したものを商品化した「千寿葱ピクルス」
を販売したり。

この「千寿葱ピクルス」は、千住の一部の店舗でしか売られていないのですが、
遠方からも購入しにくるほどの人気です。

いずれも、安くはありません。

化粧品のパックは、添加物が全く入っていないので、
開けたら1週間しか持たないし、
千寿葱ピクルスは一本しか入っていないのにも関わらず380円。

だけど、素材のこだわりが本当に見えるから、どちらも
とても人気があります。
この素材を売りたいから、という販売者側の気持ちも
商品に現れています。

LAURELの生産者の方の
「素材に対する無理矢理感や、収奪感がなくて、いただいた
素材に寄り添っている感じがいい」
という言葉が印象的でした。

これから、世の中をビックリさせるようなコラボレーションも
出てくるでしょう。

しかし、驚きは一瞬は楽しいけど、飽きさせない工夫も必要になってきます。

それに比べると生産者と販売者の双方が寄り添い合っている商品の
魅力は飽きが来なくて信頼できる。

実は、身近にいる現場の方々とマメなコミュニケーションを
することにより、こういったエピソードの加わった商品が生まれる可能性が
あります。

自社開発の商品が強い会社は、社内コミュニケーションに
長けている会社が多い。その分現場の声が消費者に
届いているんですね。

新しいアイデアに詰まった時は、もしかしたら
少し社内のコミュニケーションが、おざなりになっているのかもしれません。
消費者の声はもちろんですが、ぜひ、現場の方の声も聞いてみてくださいね。

────────────────────────────────
写真付きブログはこちらから!
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/25011588.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、オープニングの続きで、私は花粉症では無いのですが、
雨の前にくしゃみが止まらなくなる
雨予報アレルギー(?)なのです。たいてい、
私の花がムズムズし始めると、周りに嫌がられます。

何も悪いことしていないのに、
「やめてー!」
「たのむよ~」

それほどの確率で当たる私の雨予報アレルギー。
何が原因なのか、いまだ分かっていません。。
でも時期を問わず、雨のたびにくしゃみが!

…私ごとで大変失礼しました。

花粉症の皆さま、これからの花粉症の季節、
こんな変なアレルギーの人もいるんだと、
元気を出して、お大事になさってくださいませ。。

ご意見・ご感想は→support@value-machine.jp
────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
 http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
 http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
 http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2013 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.