バリューマシーンインターナショナルのコンサルティング:6つのキーワード

keyword No.1
プリントオンデマンド・デジタル印刷

デジタル印刷機が市場に流通をはじめてから15年余の月日が経過しました。北米で印刷市場規模におけるデジタル印刷の占める割合は10%強となり、一定の規模感を獲得してきましたが(PIA調査)、国内では2.5%程度に留まっていると言われています。デジタル印刷については一定の有効性は認められながらも、その利用規模で見れば、未だ長いトンネルを抜け出せていない状況です。

POD(プリントオンデマンド、オンデマンド印刷)、デジタル印刷といった言葉は市場に浸透してきましたが、こうした言葉は多くの場合、デジタル印刷機そのものであったり、小ロット・多品種といった印刷の形態、バリアブル印刷などの技術を指すものとして利用されています。すなわち、デジタル印刷機を利用したビジネスまでを含めて考えられてはいません。

デジタル印刷(オンデマンド印刷)ビジネスを成功させることは、デジタル印刷機あるいは周辺技術を利用して利益を上げ続けていくことでしょう。そうであるならば、デジタル印刷機の性能や技術ばかりでなく、当然ながらビジネスに対する議論を深めていかなくてはならないのではないでしょうか。ビジネスとは「誰に」「どういった方法で」商材やサービスを提供し、「どういった効果」を得るかを追求することであり、そこにデジタル印刷のもつ様々な価値を見出していくことです。

弊社では、独自に確立した価値伝達マネジメント理論(VCM理論)をベースとした方法論を用い、デジタル印刷(オンデマンド印刷)ビジネス成功のお手伝いをさせていただきます。印刷物がもたらす利益は、デジタル印刷機の性能や技術に依存するものではありません。印刷会社の価値を「強み」という形で創造し、顧客視点にもとづいて商材やサービスの顧客に対する「価値」を生み出すビジネスを一緒に考えていきます。

ビジネス成功の鍵となる「価値」伝達のプロセスを、営業・マーケティング面、技術面の両輪で提供させていただきますので、是非一度ご相談ください。

■コンサルティングのページはこちらから
■研修・セミナーのページはこちらから

keyword No.2
ワークフロー改善・POD実態調査

印刷業は「物作り」の産業だと考えます。PODあるいはデジタル印刷を利用するか否かに関わらず、印刷業の利益の源泉は製造プロセスにあるのではないでしょうか。

昨今、印刷業にも提案型が必要であるという議論や、ソリューションプロバイダーになるべきといった方針が数多く聞かれます。印刷業を取り巻く環境が厳しい中、ビジネスの拡大のためのアプローチとしてマーケティング論などが、その方法論として必要であることは当然ながら、売上や利益を高め、儲けるためには、「物作り」の効率化が必要不可欠です。

例えばWebアプリケーションなどのITシステムを利用する場合であっても、システム開発に慣れていない印刷業では、必要な機能以上の要件を盛り込んでしまい、必要以上の投資が行われることが数多く見られます。デジタル印刷機や周辺ツールの選定などにおいても同様のことが言えます。

弊社では、保有資産の有効利用、新規システムの導入など、様々な局面において最適な選択と投資を行い、最も効率的な生産フローを確立するためのお手伝いを行います。コンサルティングやアドバイザリという形で直接ご相談をお受けすることも可能ですし、目的が明確な場合には、必要な調査・分析といった業務をお引き受けさせていただき、市場・業界の状況などをご報告させていただきます。各種市場調査、技術調査などもお任せください。

■各種・調査の活動実績のページはこちらから

keyword No.3
企画・提案力アップ

「企画・提案」にはいくつかの実践を妨げる“壁”があるようです。「キレイなプレゼンテーションをいなければならない」「分厚い企画書を書かなくてはならない」。それがプレッシャーとなって尻込みしてしまう。

では、そもそも企画・提案する“目的”はなんでしょうか。
分厚い資料で自分たちの「能力」をアピールすることでしょうか?キレイなプレゼンテーションで「うまい」と思ってもらうことでしょうか。違います。一番の目的は「お客様の商売(ビジネス)に貢献すること」です。お客様を「説得」するのでなく、「共感」していただくことです。そのためにはポイントは3つあります。

1.貢献するために「ヒアリング力」を磨く(スキル)
2.解決するためにの「視点」を増やす(ノウハウ)
3.お客様の期待を1%でも上回るという強い意識(マインド)

多くの方が、企画提案の経験ゼロから飛躍的に向上しています。今ではお客様の相談相手として当たり前のように企画し、提案し、お客様のみる目を変えています。
大丈夫です。もう、分厚い資料も、キレイなだけのプレゼンテーションも必要ありません。
根本的な考え方とスキル・ノウハウを身につけ、加速成長していきましょう。

■研修・セミナーのページはこちらから

keyword No.4
脳に見せるデザイン VMI流マーケティングデザイン

デザインを行っている中で出来上がったものを「これで良いのだろうか」と不安に感じたことはありませんか? かっこよく作ったつもりなのに、なぜかまとまりが悪い・・。自分のイメージと先方のイメージがなかなかマッチングしない、デザインを学んできていないから・・・と自信が無くなっている方の大半はレイアウトの「基本」を知らないまま、デザイナーを続けてきた人です。
ある程度の「セオリー」を知っていれば、必ず人の目を惹きつけるデザインが出来上がります。脳に直接訴えかける「価値の連鎖を与える」デザインを生み出していきましょう。

■研修・セミナーのページはこちらから

keyword No.5
印刷+WEBマーケティング

インターネット上では、大手企業も小規模企業も関係ありません。
印刷ビジネスにおいても、小さな会社や出力センターが多くのお客様
を獲得し、成功しているケースも多くあります。
反面、高額なシステムを導入し、製造工程、受注管理まで完璧に自動化しても
「Webからの反応が全くない」
「集客できない・・」
また、「広告費をかけてがんばっているが、収益に結び付かない」
といった声を大変多くお聞きします。

その“違い”は何でしょうか?

それは、集客から収益、さらに顧客ケアまでに至る「ストーリー」の差です。
そこには、はずしてはいけないポイントと、継続して収益に結び付けるための重要な視点(コツ)があります。

印刷系に限らず、ネットを活用した“商売”はますます激化しています。

ただ、まだまだ十分チャンスはあります。

その証拠に、新たにサイトを立ちあげ、多くの新規顧客を獲得し、右肩上がりの
収益をあげている会社さんも多くあります。

また、「印刷ネット通販はやらない」という会社さんでも、Webサイトを効果的に活用し、顧客接点の仕組みをつくることは、リアルな営業活動の成果にも大きな好影響を与えることは間違いありません。

VMIでは、基礎知識から学び、“コツ”を習得できるセミナーをご用意しております。

経営者の方のみならず、営業の方がWebマーケティングを学べば、お客様への
クロスメディア提案にも大いに役立つようプログラムしています。

Webと印刷物(販促ツール)を連動させた、収益に直結した“ストーリー”を
一緒につくりませんか?

ぜひこれを機会に、Webマーケティングという新たな武器を身につけ、
お客様の期待を1%でも上回っていきましょう。

■研修・セミナーのページはこちらから

keyword No.6
次世代の人材育成

人材育成には、2つ、重要なことがあります。

ひとつは、「どんな人材になって欲しいのか?」という人材モデルを明らかにすることです。
「提案型営業になれ!」「顧客視点で営業しろ!」と言われても、「何から、どうすればいいのか?」がわからないのです。「目指すべき人材像」を具体的に明文化し、何よりもそれをサポートする仕組みをつくることは、リーダーの重要な役割です。理想の人材像への階段を上るために、どういう仕組みをつくるのか?がポイントです。

ふたつめは、継続的な「やる気」のサポートです。
自発的でなければ続きません。他人の「やる気」を引き出し、自分の「やる気」を管理する、そのための具体的な“行動”を示してあげること。
経営者さんとお話ししていると「人は変えられるのか?」が議題にあがることがあります。
考え方はいろいろあると思いますが、私たちの考えは、Yes。
人の性格は変えられないかもしれませんが、「行動」を変えることはできます。
どの「行動」を増やし、どの「行動」を減らすのか?を具体的に考える。まず行動を変えてみると、気持ちが変わることは本当に多い。
人は、「変わりたくない」のではなく、人に「変えられたくない」ものです。
リーダーは、「教える」だけでなく、「応援する」のです。その人に貢献し、支援するのです。

私たちはこの2つを独自のメソッドと豊富な事例をもってお手伝いさせていただきます。
行動心理学、NLP(神経言語プログラミング)、コーチング、心理物理学を学んだトレーナー(講師)が、そのスキルをお伝えしながら直接指導します。

■研修・セミナーのページはこちらから

Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.