「POD最新市場動向メルマガ」第9号バックナンバーのご紹介!

2012-01-17

11月22日(火)発行の第9号のバックナンバーのご紹介。

最新号をいますぐ読みたい方はこちらからご登録ください!

2011年11月22日発行 【第9号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ POD最新市場動向メルマガ
◆ ~ニュースの裏にある本質を読み解く~ 毎週火曜日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.value-machine.jp/ ━━━

こんにちは。バリューマシーンの宮本です。
11月も下旬に入り、年の瀬が感じられるようになってきましたが、皆様いか
がお過ごしでしょうか。

何をのん気なことを言っているのかとお叱りを受けそうですね。メルマガです
が2週もお休みしてしまいました。申し訳ございません。

この間、新規のご登録も多くの方にいただきましたが、すでにご登録の方か
ら再度ご登録をいただき、「届かないのですが」あるいは「もう配信は終わって
しまったのでしょうか」というお問合せを数多くいただきました。

皆さんにご心配をお掛けして申し訳ございません。これらはお叱りではなく
激励だと自分に言い聞かせながらこの原稿を書いております。皆さんからの
期待の大きさを感じるとともに、毎週火曜日という約束が守れていないことを
恥ずかしく思います。

これからは大丈夫ですとは決して言えませんが、できる限り日程どおりに、そ
して末永く配信できるよう努力していきますので、これからもよろしくお願いい
たします。

それでは本編に参りましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第9回】 紙からWeb閲覧、そしてタブレット端末からの申し込みへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報伝達の流れは紙からWebへと大きな潮流として移り変わっていますが、
今回は保険商品の紹介、申し込みプロセスの変化を題材として、こうした流れ
を見ていきたいと思います。

従来、保険商品はチラシ、カタログを店頭のカタログスタンドや問合せによって
取り寄せ、内容の比較検討を行った上で、申込書に直筆で記入、押印すること
で申し込みが行われてきました。そこには沢山の紙媒体があったわけですね。

それではまず、申し込みプロセスの変化から見ていきましょう。

こうした保険商品をオンラインで申し込み完結できるサービスを初めてスタート
させたのは、アリコジャパンでした。サービスのスタートが2003年の10月ですか
ら、ちょうど8年前になります。インターネット上での本人認証は銀行やクレジット
カード会社との提携で、また手元に残す必要のある書類はPDFで提供するという
仕組みでした。

その後、時代はPCのインターネットからモバイル環境へと歩みを進めます。
2009年5月にはライフネット生命が業界初のモバイル生命保険申し込みサービ
スをスタートさせました。この時のニュースを見ると、広告費ゼロでもアクセス数
は予想比10倍とあります。特に若年層にスムーズに受け入れられたことが伺え
新たなチャネルの開拓が進められました。

現在ではスマートフォンにチャネルは移りつつあり、顧客ニーズの多様化、モバ
イル環境の整備に伴って大きく変化を遂げています。

東京海上日動火災では、本年9月からタブレット端末を活用した契約手続きを
業界で初めて導入しました。自動車保険加入時の商品説明、保険料試算、申し
込みの各種手続きをタブレット端末上で行えるようになっています。

こうした流れを受ける形で、当然ながら申込書や複写伝票という印刷媒体のニー
ズは低下をしてきています。データプリント(DPS)を除く帳票印刷市場が1990年
の後半から下落を続けていることからも時代の流れが紙離れを始めていること
が見て取れます。

それでは申込書類ではなく、一般商業印刷分野にあたるチラシやパンフレット、
その他の紙媒体はどうなっているのでしょうか。

2011年3月に東京海上日動火災は、インターネットでパンフレットなどを閲覧でき
るWebチラシのサービスをスタートさせました。顧客からの問い合わせには、パン
フレットやチラシのURLが記載された電子メールを送り、顧客がURLにアクセスを
して自ら閲覧するというものです。

従来の郵送サービスでは、手元に届くまでに時間が掛かっていたが、Web閲覧
にすることで、その場で情報を提供することができるというわけです。現在では
スーパーの折込チラシがWeb閲覧できるようになるなど、即時性、利便性を目的
として様々な分野でWeb閲覧が進んでいます。

東京日動火災は、同時に保険約款などの個人向け書類もWeb閲覧にすること
を推し進めてきました。これはWeb約款あるいはNet約款などと言われますが、
同社ではWebチラシとWeb約款により、年間の紙資源使用量を約1,400トン削減
することができたといいます。これは紙の使用が1,400トン減少したというばかり
でなく、1,400トン分の紙に印刷する印刷費用が消えたということに他なりません。

顧客利便性を高め、コストを削減し、環境対応など企業価値を訴求できるという
同社にとっては非常に価値の高い施策ですが、印刷業界に対するダメージは
ことのほか大きかったと言わざるを得ません。

こうしたWeb約款の流れですが、どのくらいのニーズがあるのかが数字で現れ
ているニュースがありました。日本興亜損保が11月1日付で発表したニュースに
よれば、同社の自動車保険において、Net約款、Web閲覧のサービスへの申込
者数は、2011年9月度で159,806件、対前年比で576.1%ということです。前年と
比較して5倍の顧客がオンラインサービスを申し込んだということになり、顧客の
オンライン化に対するニーズは非常に高いものがあるということが伺えます。

申込書から始まり、チラシやカタログ、さらには約款といった個人向け情報など
も紙からどんどんオンラインへとその流れは進んでいます。こうしたニュースか
らも身近なものとして感じることができると思います。

我々は紙の価値を再認識させ、紙の有効利用を行える施策を講じていく必要
がありますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第9号いかがでしたでしょうか。

この2週間、ネタを考えていてお休みしたわけでも、病気を患っていたわけでも
ありません。ちょっと忙しくて・・・というのが本音です。言い訳ですが。

さて、皆さんも自分の体が3つくらいあったら、と思うほど忙しいことがあるので
はないでしょうか。そんな時、やるべきことの優先順位はどのように付けるの
でしょう。
・クライアントの重要性で順位付け
・自分のやりたいことから
・売上の高いものから
・謝っても済まなそうなものから
などなど、高尚な理由から下世話な理由までありますね。それぞれ皆違うとは
思いますが、自信の価値観を再確認する上でも一度考えてみると面白いので
はないでしょうか。

私はというと・・・ここではやめておきましょう。読者が減少するのが怖いので。

それではまた次回お会いしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
変更・解除はこちらまでお願いします→ support@value-machine.jp
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2011 Value Machine International Inc.

最新号をいますぐ読みたい方はこちらからご登録ください!


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.