まちなか販促発見Vol.126 「舞台」は用意されていますか?

2018-06-18


こんにちは。
今朝の関西での地震、大丈夫でしたでしょうか?

家の中も大変な状況とお伺いしております。
遠く、東京からは何もできなく不甲斐ないですが、
皆様のご無事をお祈りしております。

───────────────────────
◆特技や個性を発揮できる「舞台」
───────────────────────*..*..*

最近、音楽の趣味の関係で、初対面という状況に
多く出くわします。

どこのコミュニティでもそうですが、
積極的な方は自分から話しかけていって、
仲間をどんどん作っていきますが、
人見知りの方はみんなどんな人か分からないから様子を伺います。

でも、そこは音楽の趣味。
ということは、誰しもが楽器を奏でる機会があるわけです。

そんな中で、ずっと口数が少なかった人が
高度な技術を披露すると、一躍ヒーローになります。
多くを話さなくても、あっという間に説得力が出る。

そうなると、人見知りとか関係なくなります。

一つの曲をみんなで仕上げようとするわけですから
一緒の目標へ向かうことで、
積極的な人も無口な人も
上手い人も下手な人も
劇的に距離が近づく。

言葉が通じなくても音楽を通して心が通じ合うぐらいですから、
すごいです。音楽の力。

音楽に限らずスポーツでも、特技や個性を発揮できる「舞台」は
知られざる個性を引き出す、チャンスなのです。

───────────────────────
◆現場の視点の潜在力
───────────────────────*..*..*

ここ最近、やりとりしているお仕事でも
そんなことがありました。

一つの大きなプロジェクトに向かって
集められたメンバーたち。

営業関連のメンバーを中心に結成されたプロジェクトでしたが、
ここで大活躍しているのが、長年現場を経験されているベテランの方。

静かに見守る中、新しいことをぐんぐん取り入れて
どんどん自分からその情報の元を探っていき、
みんなが迷っている時にドーンと大きなテコ入れをしてくれる。

現場の視点と、クライアントの立場になった意見の両方が
ちゃんと織り交ぜられているので、とても説得力があるのです。

プロジェクトは営業的な要素が高いので、現場の方は
知らないことも多いはず。
しかし積極的に行動している姿に刺激を受けて、
消極的だったメンバーも積極的に発言をするようになり、
一気にプロジェクトが活気づきました。

───────────────────────
◆引き出す「舞台」を作る
───────────────────────*..*..*

それぞれ、普段は専門的なことを
一人でコツコツ作り上げている方の中には
多く言葉を発さない方もいるかもしれません。

しかし引き出される「舞台」があると、
思わぬ潜在的な力を発揮する。
経験やノウハウが個人の中に積み上げられているから。

研修はそんな方のアウトプットの機会を与える「舞台」
でもあるのです。

御社にも、潜在的な能力を秘めている
凄腕社員が現場に潜んでいるかもしれません。
その「舞台」をまず作ってあげることが大事です。

研修の場や、プロジェクトチームに積極的に入ってもらって
意見をいただくことは、大きな発見があるに
違いありません。

私たちもそんな場を作ることを応援しています。


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.