VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第106号】

2017-07-07
━*。・'*:.━━━━━━━━━━━━ 2017年7月7日発行 第106号 ━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.'゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*

 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 
 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●自分の欲より人のこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!(というよりこんばんはですね)
能見です。

七夕ですね。
九州は大変な状況ですが、みなさまは大丈夫でしょうか(>_<)

◆

先日、引っ越しをしました。

先日と言ってもずいぶん経ったんですけどね。

久しぶりの不動産屋巡り。
3つの不動産屋をめぐりました。

───────────────────────
◆地元では大きな不動産
───────────────────────*..*..*

1件目は街の不動産屋さんに。
和やかな雰囲気のおじさんとのんびり街歩きの様に
物件をめぐり、このおじさんのところで
決められたらいいな、と思っていましたが、

一応、他の物件も見よう、と、2件目。

地元で2~3件あるという中堅不動産。
担当してくれた方は、新任、1年ほどという若い男性。

車で物件を見ると、なんとなく深い話にもなります。

以前は飲食業だったので、接客が好きで
昼間の仕事をしたくて、この仕事に就いたとのこと。
ちょっとチャラっとした感じでしたが、
仕事が楽しい!と嬉々として話していました。

ただ、なんだか私を気持ちよくさせようとするのか
なんか褒めようとする、、そういうのあんまりいらないんだけどな…。

いくつか見せてくれた物件も悪くはなくて、
まあまあ。
でもいまひとつ決めきれずでそこは保留にしました。

物件を見終わって、不動産屋を出て、少し違う場所に立ち寄り、
戻ろうとすると、さっきの担当者が。

すれ違って、チラッと目が合ったのに
サッと目をそらして、ポケットに手を突っ込んだまま
難しい顔をして去ってしまったのです。

たぶん、私に気付かなかったんだと思いますが、
対応していた時と、目つきも姿勢もまるで違う。
本当はすごいノルマのストレスを抱えて仕事をしているのでは…、
と思ってしまい、決めかけた物件も、また保留にさせてもらいました。

───────────────────────
◆マルチタスクな支店長
───────────────────────*..*..*

そして、最後は、大手チェーン系の不動産。
担当は支店長。

といっても30代前半風な若い男性です。

時期が春だったこともあって、店舗内には、ごっそりと物件探しの人がいて、
支店長はマルチタスクであらゆるお客様を制覇しつつ、
電話も丁寧に対応。

あたふたしている後輩たちに怒鳴りちらすこともなく、
クレーム風な電話にも冷静に対応して、
ひとつひとつ丁寧に仕事を片付けていきます。

一目で仕事ができそうな人というのが分かる方でした。

私のところに来るまでも随分時間がかかりましたが、
条件を伝えると、ササっと出してきてくれた数物件。

どれも好条件で、ほとんどの物件を見たいというと
支店長は店を離れることができないので、1人の男の子を呼んで、
その子に案内を頼みました。


車に乗り込み、私がポツリと

「とても仕事ができそうな上司ですね。」

とひとこと言うと、その担当者は「分かりますかっ?!」
ととても嬉しそうに話し始めました。

案内してくれた担当者は、まだ入社3カ月。
実は、他の支店は新人にこんなにあっさりとお客様のご案内を
させてくれないのだとか。

新人を信じていないがために、お客様の信用を失ったり、
失注したりを不安に思って、新人にご案内させるまで1年ぐらいかける
支店長もいる中、こんないい支店長の元で働けて本当に良かったと。

前職は職人で、怒鳴られることも多かったので
怒られることは全然気にならない。
何を言われてもへこたれない自信はあるけど
何もさせてもらえないのは、もっと辛い、

とも言っていました。

たしかに、自分のお客様をたった入社3カ月の新人に
任せるのは勇気がいることですよね。

地元の地主さんたちにはとても信頼されていて、
支店長がお願いするとほとんどの方が二つ返事で聞いてくれるとも。


途中、支店長から何度かフォローの電話がかかってきて、

「まめにこうやって心配してくれるのも嬉しいです。」

と目をキラキラさせて私に語る新人君を見ると
本当に信頼されている上司なんだということが感じ取れました。


店に戻ると、支店長が今見てきた物件の
いい条件面、悪い条件面を全て細かく説明。

悪い条件面というのは、駅から歩いてくるときに
坂が多いとか、部屋が広い場合は電気代に注意、とか
角ばった間取りは家具が置きづらく使いにくい、

などのこと。

その悪条件の提示を妥協できるかで考えて、
みごとに1個に絞られ、この不動産屋であっさりと決まったのでした。


何よりも担当してくれた支店長と新人担当者との
信頼関係も、2人の人としての感じも、とても良く
任せたいな、という気持ちにさせてくれたのです。


◆


2件目の担当者のように、まず自分の欲が先に出てきてしまう人は
顔に出てしまうのかもしれません。
そして、「いいこと」しか言いませんでした。
決めたい気持ちが前のめりすぎて、私の不安をぬぐい切れなかったのです。

後輩に信頼されて、お客様にも信頼されて、
なかなかのやり手の3件目の支店長でしたが、
久しぶりに「デキル人」を見た気がします。

もちろんクレームなどを受けての経験値があって、
悪条件も伝えてくれたのだとは思いますが、
それも経験があってこそ。

やっぱり「デキル人」って経験しかり、
自分の欲より、人のこと、なんですよね。。


随分年下だろうと思われるその支店長のことを
見習わなくちゃ、と思いました。

皆さんは、「自分の欲」が先に出すぎていませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちょっとした引っ越し報告になりましたが、
先に言いますと、自分の人生に大きな変化はありませんよ(笑)
(聞いてませんね?(;^_^A

ちょっとした心境の変化です。

また詳しいことはいずれ…。

それでは、また次回!

────────────────────────────────
ブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/51649062.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで↓
support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■ココロンデザイン(実績)
http://cocorondesign.com/work
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr(VMI)
http://valuemachine-blog.tumblr.com/
■tumblr > taglist > 実績(cocorondesign)
http://ucocoron.tumblr.com/tagged/%E5%AE%9F%E7%B8%BE
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除は以下のURLにアクセスして
該当のフォームからお手続きをお願いします

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/wykq5457
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━ Copyright (c) 2012-2017 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.