VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第76号】

2016-02-19

━*。・’*:.━━━━━━━━━━━ 2016年2月19日発行 第76号 ━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.’゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ drupa2016国際印刷機材展/オーストリア現地業界事情視察ツアー
└─┴─────────────────────────*..*..*

 2016年もバリューマシーンインターナショナルオリジナル
 drupa2016へのツアーを企画しました。
 会場では、ガイドの徹底サポート、現地の出版・印刷業界も
 視察できる毎回大変ご好評をいただいているツアーです。
 
 リアルタイムな情報が得られる、バリューマシーンインターナショナルのdrupaツアーへ、
 ぜひ皆様でご検討ください!
 
 人気のツアーとなっておりますので、お申込はお早めに!

 【本ツアーの特徴】
 ・メーカー色を一切省き、売り込み要素は全くありません
 ・会場でのご説明、ガイディングなどは徹底的にサポートします
 ・レポートは到着時にはお渡ししますので見学に集中できます
 ・参加者は印刷会社ばかりでなくメーカーなども含まれとても刺激的です
 ・毎晩座談会を開き参加メンバーで印刷ビジネスの話で盛り上がります
 ・ネットワークが広がりビジネスへの寄与が期待できます
  (前回ツアーでも帰国後に協業や新サービスを開始された方がいらっしゃいます)

 【旅行詳細】
  旅行日程:2016年6月4日(土)~6月10日(金)
     (5泊7日:行程はPDFをご覧下さい)

  旅行代金:お一人様旅行代金(1名1室利用):480,000円
       ※燃油サーチャージ(目安/22,780円/1月25日現在)・
       現地空港税(目安/20,890円/1月25日現在)・
       成田空港施設使用料(2,610円)が別途必要です。

 
  詳細は以下からご覧ください!
    http://value-machine.jp/drupa2016

┌─┐
│2│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*

 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 
 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●分かりずらい商品の青春ストーリー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!VMIの能見です。

友人の子供は機関車トーマスにはまっています。
大好きな機関車が動いて話して感情や個性を持って、
自分たちと同じような悩みで悩んだり、
同じような遊びをしていたり、
同じようなドジをしていることによって、
親近感が湧いてくるのでしょうか。。

詳しくは拝見したことはありませんが、
きっとその電車の種類によって、
堅牢性の高い電車は強かったり、スピードが速ければ
せっかちだったり、と、その性質そのもの自体が
個性となり、子供たちも車種に詳しくなるのでしょうね。

こちらの記事は映画の世界と現実の世界が繋がって、
子供たちも日本のことを誇らしくも思うだろうし、
とても興奮したことと思います。(*1)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1407/04/news023.html

─────────────────────────
◆横断幕の可愛く、切ない、青春ストーリー
───────────────────────*..*..*

私も感情移入しやすいタチなので、
どんなものかが理解できなかったものの、
擬人化されることによって、とても分かりやすくなった
経験がありました。

それはこちら。(*2)

http://www.makumaku.jp/User/Static/MakuMakuTheater

とある横断幕をプリントしている会社から届くメルマガの中に、
漫画の予告が織り交ぜられていたので、
なんだろうと覗いてみると、この会社で扱う横断幕類の商品ラインナップが、
キャストに置き換わっていて、ちょっとした青春ストーリーが
展開されていたのでした。

その性格も、商品の性質に合っていたので、
利用用途のシチュエーションや、コストが
容易に分かる内容。

屋内トロマットに向かって「雨の日使いたい」と言う敵に
対して颯爽と現れる屋外トロマット。

屋外トロマットで、物足りなければ、
頼りがいのある厚手トロマット
(屋外トロマットのお兄さんの設定)
を発注すれば良い、、など。。。

トロマットの種類を深く理解してなかったので、
とてもためになりました。

※トロマットとは横断幕の素材です。

─────────────────────────
◆これはやってはいけなかった。。
───────────────────────*..*..*

擬人化すれば、こんなに商品説明が分かりやすいんだ!
と思った一方、擬人化できるものとできないもの、それぞれの見極めは
きちんとしなくてはいけないと思ったのはこちらの例(*3)

http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/45575874.html

見た人もいるかもしれませんが、
心底ゾッとしてしまった、擬人化の例です。

─────────────────────────
◆技術者の声を代弁している少女たち
───────────────────────*..*..*

最近は、ボーカロイド、萌えキャラなどへの
擬人化も多く見られているとのことで、
トヨタのプリウスも各パーツの擬人化に踏み出しました。(*4)

http://toyota.jp/prius/cp/parts/

これもまた、海外メディアからは、プリウスのコンセプトと
合っていない、エコ、環境、と言っているのに、
女性の見た目に囚われた過大広告などと賛否両論のようですが、
技術者の開発の話をじっくりと聞いて、キャラクター化した、
と言う通り、一つ一つのキャッチコピーがとても分かりやすく、
こんな機能まであるんだ!

と私は、あっさり感情移入。

新たなターゲット創出と色々な多角展開を目的として萌えキャラに
したようです。
開発者のこだわりと苦労を長々と文章にしても
誰も読まないだろうに、こうなったら
耳をそばたてるファンは大勢現れるのでしょうね。

市場の声が「シジョウノコエ」という一つの曲になっているのも
興味深い。

それにしても、こういう類が苦手なターゲットを
視野に入れていたら、ここまで振り切れなかったわけですから
大きな決断だったのではないかと思います。

─────────────────────────
◆おわりに
───────────────────────*..*..*

擬人化について面白い文献を発見しました。(*5)
http://www.artner.co.jp/files/2514/2381/4841/49_201406.pdf

この中に

『擬人化という発想は感情移入を容易にして、コミュニ
ケーションを円滑にするヒューマンインターフェース
の構築に役立つ』

伝えにくい言葉や機能、性能などを
人が使いやすく、理解しやすくすることに繋がってくる擬人化。

うまく利用すれば、ユーザーとの距離がグッと縮まります。

あくまでも使える商品、使えるストーリーを
きちんと見極めてから、、ですね。

【参考文献】
*1 大井川鐵道に『きかんしゃトーマス』がやってきた本当の理由
   (IT media business)
   
*2 マクマク劇場(MAKUMAKU 横断幕・のぼり・バナー専門店)

*3 【動画】ブレンディのCM、炎上。乳牛の女子高生が「胸を張って」
   「濃い牛乳を出し続けて」と言われカフェオレに。同級生は食肉に。
    卒牛式と称する儀式で進路決定(にんじ報告)
    
*4 PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS(TOYOTA)

*5 モノ創りにおける擬人化と縮み志向の文化について(アルトナー)

────────────────────────────────
ブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/47862436.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、北千住のとあるラーメン屋にはまってしまっています。
めったに同じラーメン屋に通うことが無かったのに、
週に1度ほどランチで行ってしまうお店。

それはずばりこちら
麺屋 音
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13161350/

煮干しダシの濃厚なスープに梅が入っている特製団子が
入っていて、濃厚ながらも後味がさわやかに変換される、
それはそれは私のズッキュンど真ん中ラーメンなのです。

北千住にお立ち寄りの際にはぜひ、お立ち寄りください^^

※休日はとても並んでいますが(*_*;

それではまた、次回!

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらまで↓
support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━ Copyright (c) 2012-2016 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.