VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第33号】

2014-04-04

━*。・’*:.━━━━━━━━━━━━ 2014年4月4日発行 第33号 ━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.’゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!

お花見シーズン真っ盛りですね。

めっきりお花見をしなくなってしまいましたが、
皆さんはいかがですか?

今週末は、北千住でもさくらまつりが開催されます。
地元の方の流し踊りもでて、にぎやかな雰囲気に
なりそうです。

昨日の大雨で散っていないことを祈りながら
今週末を迎えたいと思います。

それは本日もまいりましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 《メルマガバックナンバー更新》
 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 毎号配信後に更新しています。
 
 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●カリスマ先生の影響力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、毎朝、コンビニのドリップコーヒーを飲んでいます。

毎朝寄っているので、コンビニの方から顔も覚えてもらえて、
顔を見るだけで「コーヒーのLですね!」と言ってくれるようになりました。

朝の顔ぶれはパートの方がほとんど。
機敏な連携でサクサクとレジをさばき、常連の方とは
笑顔の会話もある。
1人がそれをやっていると、周りにもいい意識が連鎖して、
朝の時間帯の雰囲気がどんどん明るくなっているんです。

平日の朝は、このコンビニに寄るととても気分が良くなります。

ある休日、事務所まで来たので、いつものコンビニに寄ると
当然ながら、メンバーが全員違い、「いらっしゃいませ」の声は
男子学生の元気のない細々としたものでした。

ちょっとした質問でも
「少々お待ちください」といって、奥へ引っ込んでしまい、
レジは長蛇の列になり、他のお客様も困惑顔で、
いつもと違うコンビニへ来たのか、と思うぐらい雰囲気が変わってしまうのです。

良い連鎖ということでは、自分にも覚えがありました。

遠い昔の話ですが、パソコンスクールの先生をしていた時代、
一人のカリスマ先生と共に働いたことがありました。
カリスマ先生とはいっても、当時20代後半の女性です。

全国に教室があるスクールで、新規の生徒入会はもちろんのこと、
生徒のレベルをあげるための、コースのアップも
他校との競争対象にしていました。当時の評価の対象は売上です。
というのもこのスクールがどの先生からも、同じ勉強を受けられるという
コンセプトを掲げていたため、教え方の個性というのは
そんなに大きく差がなかったからです。

売上を“売りつける”と勘違いしてしまう先生の一部は、
生徒が渋るのを無理やりコースアップさせてしまうこともある中、
この先生は無理じいすることなく、いつも上位に入っている先生でした。

一人ひとりの生徒への気遣いが本当に細やかで、
どんなに目立たない生徒でも名前は確実に覚えていて、
生徒の目を見て笑顔であいさつをし、生徒の進捗が遅ければ本気で共に悩み、
試験に合格すれば、自分のことのように喜んで、涙ぐんだりもする。

自らの季節のおたよりは欠かさず、手書きで丁寧に、応援メッセージを書いて送り、
生徒から大人気の先生で、他の先生方の憧れの的でもありました。

しかし、ひとつ問題がありました。

カリスマ先生の一人ひとりへの細やかな気遣いがほかの先生に
なかなか真似できないのです。

カリスマ先生が休みだったりすると、
他の先生は、不満そうに生徒が帰っていくのを見て
少し自信がなくなってしまったり、元気がなくなってしまうのです。

生徒にとっては、教室の雰囲気を左右するのは
初めて会う先生次第なので、その日のちょっとした気分の現れが
生徒のやる気に影響を与えかねません。

それを知ってか知らずか、カリスマ先生は必ず他の先生を褒め称えました。
「自分にはできない。○○先生だからできる。」
「○○さん(生徒)は私に悩みを言ってこないんですよ~。
 さすが○○先生です~!!!」
と、自分には無い部分がある、ということを強調し、
自分は長くここにいるだけだから、たまたま生徒さんが馴染んでくれているだけ、
と謙遜もしていました。

成果が出たときは、どんな小さな成果でもスタッフを集めてお祝いをしていました。
私の時にはケーキを買ってきてくれて、嬉しいやら恥ずかしいやらな
気分になった覚えがあります。

そんなことを繰り返して、教室の雰囲気が悪くなるわけがありません。
新メンバーも生徒との信頼関係が強くなったころには、
全国で何校もある中でトップ3に入るほどの学校になっていました。

カリスマ先生が担っていた学校は、メンバーが総入れ替えになると
少し順位を下げるものの、必ずトップクラスに戻ってくるという
伝説の先生だったのです。

「この仕事が楽しくてしょうがない。
 わたしこの仕事が天職なんです!」

この言葉が口癖で、私はかつてこんなにイキイキ働いていた
女性を見たことが無かったので、多大な影響を受けました。
当時、たった一つ年上の上司でしたが、多くの出会いの中で
忘れられない方の一人です。

どんな仕事でも、どんなに素晴らしいスタッフがいても
自分が初めて会ったお客様は、そのことを当然知らない。
自分の会社の雰囲気は、自分が左右するんだ、ということを良く思います。
それは、後輩に対しても言えること。

新年度に入り、フレッシュな顔ぶれが周りにいる方も
多くいるのではないでしょうか。

自分が楽しく仕事をしているか、つまらなそうに仕事をしているかで、
思った以上に周りが影響を受けていること、忘れないで行きたいですね。

そのためには、今の仕事を好きになること。
この文章をつづりながら改めて思い返しました。

スタートの春、頑張ってまいりましょうね!

────────────────────────────────
写真付きブログはこちら↓
 http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/38073890.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冒頭で触れた、北千住のさくらまつりの流し踊り。
流れで自分も踊ることになってしまいました(^^;

盆踊りのような振り付けで、一見簡単そうに見えるのですが、
意外と難しい…。
盆踊りでさえ何年も踊っていないので、足がもつれそうです!

誰でも参加できるようですので、お近くでご興味のある方は
のぞいてみてはいかがでしょうか。

4/6(日)10:00~17:00 千住柳原商店街 さくらまつり
(ソースが見つからなくて、すみません。)

それでは、また次回!

ご意見・ご感想はこちらまで→support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2014 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.