VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第30号】

2014-02-07
━*。・'*:.━━━━━━━━━━━━ 2014年2月7日発行 第30号 ━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.'゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!VMIの能見です。

いよいよソチオリンピックがはじまりますね。
早速、昨日スノーボードスロープスタイルや、
モーグルの予選がありました。

にわかとはいえ、ついつい結果が気になってしまう私。。

かといって、なかなかテレビもゆっくり見れないので、
なんとかいい方法はないかと見つけたのが、
「gorin.jp」というアプリです。

気になる競技だけをダイジェストで動画で
見ることができるので、オススメです^^

それでは、今週もいってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ pageセミナー開催されました。
└─┴─────────────────────────*..*..*
 先日の号外でお伝えした、pageでのセミナーが
 昨日開催されました。

 私も第2部の『新商品サービス開発に挑んだ会社の「困難」そして「変化!」』
 を聴講させていただきました。

 インタビュー形式で、すすめられたセミナーでは、
 初めて登壇される方も多く、緊張もされていたと
 思いますが、とても堂々とされていました^^

 「新事業開発」と「継続型提案営業」という
 2つの観点からのお話でしたが、
 壁にぶつかっても対応し続ける、形を変えて一歩でも前進していく
 という部分は共通していました。

 一人一人の意識の高さは、きっかけを作って
 引っ張っているリーダーが決して諦めないからなのでしょうね。

 望月印刷様、瞬報社様の取り組みについては、以下のリンクから
 PDFを閲覧することができますので、ぜひ、ご覧下さい。
 http://www.jagat.or.jp/PAGE/2014/session/session_detail.asp?sh=4&se=23

 登壇された皆様、ご来場された皆様、お忙しい中、ありがとうございました!

┌─┐
│2│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 《メルマガバックナンバー更新》
 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 毎号配信後に更新しています。

 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●影響する側される側。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受験シーズン、真っ盛りですね。
店頭に受験応援グッズが並ぶたびに懐かしく思います。

私の友人の中でも、高校受験の子供を抱える立場になった方が
数名いて、様々な悩みや葛藤を抱えているようでした。

私が受験したころは、お金の面で親に相談はしていたものの
学力や受験校など、何もかもまったく興味がなかったようで、
「入れる学校に入ればいいんじゃない?」
という、完全なムスメ任せでした。

私が受験したころ、というより、我が家が独特だったのかも
しれませんが…。

最近も家庭によるのでしょうが、よくも悪くも
親と子がもっともっと密に受験について
話し合っているようですね。

◆

塾で働いている友人にたまたま伺った話ですが、
生徒の学力不振は、生徒のせいとは限らないというのです。

親御さんが言った何気ない一言で、
傷ついてしまい、塾でのモチベーションが下がって、
学力が低下してしまう生徒は厳しく鍛えても、
結局家庭で元通りになってしまうことも少なくないとか。

もちろん親御さんも子を思ってのこと。
たとえ、学校や塾の方針がどうであれ、
教育と思っていたら、そのやり方を続けていくかもしれません。

そこでほっておくとどうなるか…。

やはり塾の責任になってしまうんですね。

「どうして学力が下がってしまうんだ、」
と問い合わせる親御さんに
「親御さんのせいです」
なんてことは口が裂けても言えません。

ましてや、若手の塾講師に至っては、
柔らかく言っても受け入れてくれることは
難しいとか。

そこで採用したのが、親御さんに向けた
「イエスノーチャート」

お子さんの最近の様子や
親御さんの子供への対応の仕方など
あり得そうな質問パターンを何十個か解いていくと、
親御さんがいま、どうしたらいいのか、
という回答パターンがいくつか出てくるもの。

軽い心理テストの様なものです。

回答中は、塾講師に見られることもなく、
統計に基づいているシステムで、
結果も前向きなものが多いので、
密かに一人で悩んでいた親御さんにも喜んでいただけるそうです。

◆

VMIの開発実践塾でも出てきたマーケティングシートの中には、
ターゲットのほかに、影響される(影響を与える)
サブターゲットの心理を考えて、作成するものがあります。

塾の場合は非常にわかりやすく、ターゲットは生徒で、
サブターゲットは親御さんになります。
他にも学校の先生や親戚の方、
口コミの影響力がある友人なども考えられます。

サブターゲットの悩みは意外と盲点で、
つい見落としがち。

例えば、八百屋さんだったら、買いにくる
お母さんよりも家庭でいろいろ意見を言う、
お父さんや子供たちの方が影響力が強いかもしれません。

サブターゲットへの販促を考えると、
ターゲットに喜ばれることもあるのです。

今回は、購入したシステムということなので、
販売(開発)会社は、販売先である塾の悩み、さらに塾のお客様である
子供とその親、という先の先まで考えられたものでした。

システムなので、全ての方が同じ考え方になってしまうのが
ちょっと心配ですが、そこは講師との面談と
うまく使い分けているようです。

塾の売り上げも、大幅に上がったとのことですが、
このシステムだけに頼らず、様々な親御さんとの
交流の形、生徒の成績アップを模索しているという話を聞くと、
この講師たちの受講生に対する思いが、結果に
出た、と言えそうですね。

────────────────────────────────
写真付きブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/36925311.html

 詳細などご不明点がございましたら、
 support@value-mahcine.jp までお気軽にお寄せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふと、「きれいなおねえさんは好きですか?」
というCMを思い出しました。
これって、何のCMだったっけ、、と思って
調べたところ、女性用の脱毛器だったんですね。

このキャッチもまさにサブターゲットの影響力を
狙ったものですね。

何のCMか思い出せない時点で、意味があるかどうかは
わかりませんが、かつて、自分もそう思われたい、
なんて思ったものでした。

いや、今でもそう思われるつもりで頑張ります(笑)

それでは、また、次回!!

ご意見・ご感想はこちらまで→support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2014 Value Machine International

Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.