VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第29号】

2014-01-17
━*。・'*:.━━━━━━━━━━━━ 2014年1月17日発行 第29号━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.'゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!VMIの能見です。

毎日寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか?
号外を除いた年初第一号は、とっても寒い、雪の深い街のお話です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 《メルマガバックナンバー更新》
 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 毎号配信後に更新しています。

 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●一人の強い思いが共感を呼ぶ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回の編集後記でも触れましたが、年末年始は、
山形県の肘折温泉というところに行ってきました。

毎年4メートル以上の積雪量で雪の壁ができ、
昨年は、日本で青森県の酸ヶ湯に続き、
2番目に雪深い場所となったそうです。

友人が行きたかった場所だったんですが、
私自身は、肘折温泉という場所は初めて耳にしたので、
全く知識のない状態で向かいました。

向かった先は小さな小さな温泉街。

現在も活火山と認定されている山の上に(カルデラ)
街が広がっていて、周りは山に囲まれていて、
駅からは、車で1時間かかってしまう、
陸の孤島。

私たちは、電車に乗るまでバスで1時間かかるのならば、
温泉街でとことん楽しもう!と新庄駅の観光協会に
相談したところ、佐藤さんという人が時間があれば
かんじきツアーをやってくれる、
とのことで、ひょんな出会いが生まれました。

時間があれば、というところがなんともゆるくて
素敵です。

◆

佐藤さんという男性は、ずっとずっと肘折に住んでいて、
観光バスの運転手をされていた方。

現役を引退されてから、自ら人力車を購入し、
雪の降らない時期は、その人力車で
街の観光案内をしてくれるそうです。

三が日も開けない2日の朝、
かんじきツアーが始まりました。

見たところ、素朴な雰囲気を醸し出している佐藤さんでしたが、
中身はアグレッシブ。
こんなところ歩けるの?と半ばビビっている
わたしたちをよそに、雪の中をずんずんと進んでいき、
最後は崖?を降り、滑り台まで作ってくれました。

1時間という約束だったんですが、周辺の散策と
案内を含めて1時間30分ぐらい、肘折の源泉の箇所や
街を細かく案内してくれました。

短い時間の中で、はしばしに肘折への地元愛が
感じられる内容で、
『こんな何も無いところに温泉が湧いてくれたおかげで、
こうやってお客様が来てくれて1200年も歴史が続いていて、
それは本当にすごい事だ。』
と、遠くの山を見つめながら何度も仰っていました。

◆

あとから知ることになりますが、佐藤さんは、
肘折で活躍されているだけでなく
肘折がロケ地の映画にも出演されたり、
都内まで出張して人力車をひいたり、
多方面でもご活躍されている方だそうです。

この方が人気の理由は、きっとこの場所でしか
体験できない価値をご提供でき、なおかつ
誰よりも肘折のことに詳しく、小さな温泉街を
盛り上げようとしている思いに共感している
顧客がたくさんいるからではないか、と思います。

現に私もまた、次回は春に訪れて、
人力車に乗せてもらって、佐藤さんから
お話を伺いたいな、と思っている一人だからです。

顧客満足だけではなく、顧客の共感が
求められる時代に移り変わってきている中で、
佐藤さんによってますます魅力を引き出された肘折に
原点を教わった気がしました。

皆さまも、今年はお客さまに共感していただける価値を
自社に、メンバーに見出してみてはいかがでしょうか。
といっている自分も年初の気持ちを大事に一年頑張ります!

────────────────────────────────
写真付きブログはこちらから!
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/36461187.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年越しは、数年前まで必ずスノーボードをして
過ごしていたのですが、最近は、雪のあるところへ
行っても、その欲はすっかりなくなり、
ひたすらゆっくり温泉…ということを考えるようになってしまいました。

これでいいのか悪いのか。。

ただ、そのおかげで知らないアクティビティを体験できるのは
いいですね!

訪れる機会がありましたらぜひぜひおススメです。

それではまた次回!!

ご意見・ご感想はこちらまで→support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
 http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
 http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
 http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2014 Value Machine International

Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.