VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第27号】

2013-12-06

━*。・’*:.━━━━━━━━━━━━ 2013年12月6日発行 第27号━━

  バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
   ☆まちなか販促発見!☆ 
              http://www.value-machine.jp/
  第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.’゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!VMI.能見です。

12月に入りましたね。
お仕事もさることながら、肝臓も大忙しの時期なんではないでしょうか。

駅のホームでふらふらになっている方を見ていると
ひやひやします。
皆さんは大丈夫ですか?くれぐれも気を付けて下さいね。

あ、私もですが。。。

それでは、今週もいってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─┐
│1│ ランディングページ制作、WEB制作の事例を更新!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 最近の制作事例をアップさせて頂きました。
 貴重なお客様からの声も掲載しています。
 
 →六甲商会様インタビュー
       http://value-machine.jp/archives/2226

 →MotherRiver(実績とお客様の声)
       http://value-machine.jp/sgd30/sgd36
 
┌─┐
│1│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
 《メルマガバックナンバー更新》
 最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
 メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
 ぜひ、ご覧ください。
 毎号配信後に更新しています。
 
 →POD最新市場動向メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
 →VMIの販促メルマガ
  http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●お互いにとってメリットの角度
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、千葉県柏市のギャラリーを鑑賞させていただく
機会がありました。

3メートルはあるだろう壁に、3名の著名なアーティストが
天井から床まで、作品を描いたもので、とても迫力があり、
アートが良く分からない私でも「おぉぉぉ!」
と思わず口走ってしまうものでした。
(残念ながら、開催は終了しています。)
本当にすごいのですが、アートの事はうまく伝えられないので、
詳細はぜひ、WEBをご覧ください。

生成のヴィジュアル~触発のつらなり~
http://tsca.jp/ja/exhibition/generating-visuals-inspiring-circuits/

そのギャラリーは数年前に頻繁にオープンをしていたのですが、
しばらく休業をしたのちの、久しぶりのオープンだったのです。

アート作品は、大きなスポンサーが現れるまでは
非常に厳しい予算の中、作品作りに専念しなくてはなりません。
久しぶりのオープンということもあって、
改装などにも予算を削らなくてはいけなく、
なるべくコストをかけない施策が必要となっていました。

そこで、コスト削減候補としてターゲットとなったのが、
チラシとポスター。

とはいえ、こだわりのある
アーティストの意向も添っているものが求められます。
用紙も少し厚みがあって、高級感も欲しいところ、
必然的にコストは上がってきます。

なんとかしようとデザイナーは試行錯誤の上、
素晴らしいものを仕上げてきました。

チラシは4種、アーティスト3名分と全体チラシです。
A4半分にはそれぞれの説明が、小さな文字でびっしりと
半分はアーティスト作品の写真が大きく入っています。

良く見ると上部や下部に欠けた大きな文字が入っています。
単独で見るとデザイン要素として、黒が全体を締めている感じ。

でも、その文字が入っている理由はそういうことではありませんでした。
(もちろん単独で見た時のデザインでも考慮されていると思います)
4枚の表裏を使って、8枚並べるとなんと文字が繋がるんです。
良く見ると写真も欠けた部分が、裏面の欠けた部分と繋がる様になっています。

こうすることによって、A4 8枚がA2ポスターに早変わりしたのでした。

このチラシポスターは延々とつなげることが出来るので、
今回のテーマ、「触発のつらなり」というコンセプトも同時に成し遂げています。

ふと、チラシの四辺の余白に気づき、印刷だったらなぜ裁ち落としに
(※ギリギリまでデザインして端で断裁するので、余白が出ない方法)
しなかったのかと疑問を投げかけたところ、初版は印刷、
どうしても足りなかった場合は、経費削減のためコピー機でコピーをすることを
予想し、デザイン要素としてコピーの印字可能範囲内で納めることを
考慮してくれた、とのことでした。

3名のアーティストの方々も、このチラシのデザインを気に入り、
からくりを知った時は、涙が出そうなぐらい感動していたそうです。

完成したものそのものだけではなく、その後の使う過程のことまでも
考慮に入れたデザインが、クリエイターの目線と運営の目線を
兼ね備えていて、それを聞いて私も感嘆してしまいました。

印刷・デザインというのは、お客様がこうしたい、という
イメージがあって、最後までお客様のご要望を加味した形で
仕上げていくので、毎回オーダーメイドなんですよね。

だからこそ、個々のお客様の悩みを引き出すことが必要となってきます。
そこで、クリエイティブの部分を妥協したくなくて、
悩みの部分を最大限かなえられなかったり、
どうしてもコスト削減というと品質の劣化を懸念してしまいますが、
デザイン要素の一工夫が解決することもある。

そして、悩みをぴったりかなえられたときは作り手の喜びにもつながります。

いろいろな角度から考えてみると、
自分にとってもお客さまにとってもメリットがある角度が見つかる。

そう感じた、私もとても勉強になった今回の事例だったのでした。

────────────────────────────────
写真付きブログはこちらから!
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/35430853.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この展示の中に、柏市の畑の土を使って
描いた絵がありました。
色々な色の土を集めてきて、それを壁に塗るものです。

普段は世界中の土で描いているそうです。
一目見て、土だとは想像もつきませんでした。

他の作品も、とても大きなサイズの作品なのに
近くで見なくては分からないところまでのこだわりが
要所要所につまっていて、本当に素晴らしい作品でした。

3人のアーティストの方々は、10日間泊まりこみで
作品作り。その間ほとんどギャラリーから外に
出ることはなかったそうです。

10日間カンヅメで作品作り…。
とても私には、想像がつきません。。

ご意見・ご感想はこちらまで→support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
 http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
 http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
 http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2013 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.