VMIの販促メルマガ☆まちなか販促発見!☆ 【第14号】

2013-05-17

━*。・’*:.━━━━━━━━━━━━ 2013年5月17日発行 第14号━━

バリューマシーンインターナショナルの販促メルマガ
☆まちなか販促発見!☆
http://www.value-machine.jp/
第1・3金曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.’゜*:・*━
本メールマガジンは、WEBサイトから「販促メルマガ」にお申込頂いた方。
セミナーなどで名刺を交換させて頂いた方にお送りしております。
配信停止をご希望される方は、文末の配信停止方法をご一読ください。
────────────────────────────────

こんにちは!VMI.能見です。

5月はゴールデンウィークを挟み、ご無沙汰となりました。
お休み気分もすっかり抜けましたね。

6月はお休みが無いのと、梅雨なのとでちょっぴり憂鬱ですが、
頑張っていきましょう!

それでは本日もよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●VMIニュース その1 ※20日で締切です!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─┐
│1│ JAGAT 第3期新商品・新事業開発実践塾 塾生募集!!!
└─┴─────────────────────────*..*..*
第1期・第2期と好評いただいた、新事業開発実践塾の
第3期の募集が始まりました。

────────────────────────────────
受講者が、実際のお客様からの受注を得るためのマーケティングシナリ
オをつくり、実践していただく、少人数制グループコンサルティングで
す。受講者自らが、自身のお客様の課題解決に取り組み、その解決策を
つくり、提案、実行、評価することにより、新商品・新事業開発を確実
なものにとしていきます。お客様の商売繁盛、収益増に寄与できるビジ
ネスモデル構築により、既存顧客からの継続する受注、受注拡大、新規
顧客開拓を実現することができます。
《JAGAT ホームページより》
────────────────────────────────

スタートは5月24日(金)~の全6回。

経営者の方は、新たな成長事業の構築で経営を
一歩先に進めることができます。

社員研修としても、各受講者の実際のビジネスをテーマにしながら
リアルに新事業・新商品を開発する超実践型one to one 研修で、
外部との交流が刺激となり、やる気にもつながります。

ぜひ、この機会を利用して、他社の視点、講師の視点で
自社の強さを振り返ってみてください!
ここで、知り合った仲間は一生モノです!

詳細は、
http://www.jagat.jp/content/view/2971/417/

┌─┐
│2│ メルマガのバックナンバーはこちらから!
└─┴─────────────────────────*..*..*
《メルマガバックナンバー更新》
最近ご登録された方、過去のメルマガをご覧になりたい方は、
メールマガジンバックナンバーをご用意しています。
ぜひ、ご覧ください。
毎号配信後に更新しています。

→POD最新市場動向メルマガ
http://value-machine.jp/archives/category/podmailmgbkn
→VMIの販促メルマガ
http://value-machine.jp/archives/category/markemailmgbkn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●知ってるハズ、と知ってるツモリ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は実は、18切符などでローカル線を乗り継ぎ、
遠くへ遠くへ行くことが好きだったりします。
同じく、ローカル線で長旅をすることが大好きな友人と。

時間に制約もなく、しばりもないので、ちょっとやそっと
電車が遅れたぐらいでは、全くストレスのたまらない旅です。

電車が来なければ、駅をブラリと散策してみたり、
写真を撮ってみたり、不思議と楽しむことはいっぱいあるのです。

(これはもしや乗り鉄ということですね?!)

ところが、これが、時間に制約されて、「早い」「遅れない」ことが
あたりまえの新幹線はそうはいきません。

せっかく高いお金を出して、時間を買っているわけですから、
遅れてしまった時のお客様の落胆といったらないですよね。

新幹線は2時間以上遅れた時、切符を持っていれば
特急料金分を返還してくれるそうなんです。

ご存知でしたか?

私は全然知りませんでした。

このルールは、知らない人にはお知らせもしないそうです。
なぜなら切符を買った時点で、そのルールを了承したものと
認識するからだそうです。

そうはいっても、なかなか切符の注意事項って
細かいところまで見ていないものですよね。

企業側としては、お金を返還しなくてはならないので、
大きな声で言いたくないことかもしれませんが、
いざトラブルになった時、改札につめよるコワーイ集団が
回避できるのに、もったいないなぁ、と思います。

そんな事例が身近にもありました。

先日、自転車を倒してチェーンカバーが割れて、壊してしまいました。
8年のお付き合い、ちょっと情も入っていましたが、
仕方なく、廃棄しました。

私が利用している駐輪場は、1ヶ月ごとに1000円払ってシールを購入し、
自転車の後部に貼り付けることによって、駐輪場利用の許可が下りている、
と認識するシステム。

倒れた自転車にも当然貼ってあり、それもやむなく一緒にサヨナラしました。

そのシールを買うには定期購入カードというものが必要で、
それに申請がいるのです。
駐輪場の空き待ちの方もいらっしゃるゆえ、申請した方々で抽選方式。
発行までに2~3週間待ちます。

その定期購入カードを新しい自転車を買うまで温存しておこうと考えていました。

そのまま母の自転車をたまに借り、1か月ほど経った頃、
駐輪場管理のおじさんが声をかけてきてくれました。

「あの小っちゃい自転車どぉしたの~??」
※小っちゃい=折りたたみ自転車

「壊れたんです~(>_<)」

「あらー、その後、シールどうしたの?」

「新しい自転車買うまでは、一日料金で使おうと思ってまして…」

「それじゃぁ、その定期カード、もう使えないよ!」

「え?!??」

そのカードは1か月以上間をあけてしまうと無効になるということだったのです。

「みんな、意外と知らねぇもんだなぁー…」

とぼやくおじさん。

ぼやきたいのは私だよ、という言葉をぐっと飲みこみ、
この時点で言ってくれたからまだ良かった。。と、おじさんに感謝しつつ、
仕方なく、再度申請することとなりました。

そして、申請書をくまなく見直してみると、書いてありました。
しっかりと。しかも赤字で…。

これも先ほどの新幹線遅延同様、最初に申請をした時点で、
申請書に書かれた注意事項を読んで理解して了承をしている、
という暗黙の了解がここにはあったのかもしれません。

ルールというのは、細かに決められる裏には、不正利用する方がいたり、
過去にトラブルがあったから出来てくるもの。

会社としてのリスクの回避であり、ユーザーは知らないと損することが多いのですが、
小さい文字で並んでいる注意事項を読む気になれなくて、
なぁなぁになることもありますよね。

駐輪場のおじさんの様に、気付いたら教えてくれる親切な方もいますが、
公共機関ならばなおさら、教えてくれることはまれなのかもしれません。

しかし、民間の企業は違います。
自社のリスク回避も当然ですが、お客様のことを思い浮かべれば、
快適に使っていただきたいのが当然のこと。

中には「リスクを語ってくれるからこそ信用できる」
というお客様もいらっしゃいます。

最近は、トラブルが起きそうな部分はマニュアル化したり、
可愛いイラストで教えたり、契約時に蛍光ペンでラインを
引きながら読み上げたりするサービス業も増えてきています。

トラブルを回避するために作ったルールが、お客さんが知らなくて、
余計にトラブルになっては意味がありません。

お客様との距離を縮めるためにも、いいことばかりではなく、
伝えるべきところをきちんと伝える企業が、信頼されて
長くお付き合いできる第一歩なのかもしれません。

────────────────────────────────
写真付きブログはこちらから!
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/archives/28090337.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━:*・☆
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この自転車、マンション内の屋根のあるところに置いていた頃は
壊れる気配は一つも無く、5年間新品同様だったのですが、
実家の玄関先に置いていたら、あっという間にさびてしまい、
あらゆるパーツが壊れはじめて、それから3年も立たずに
壊れてしまいました。

錆だけが原因では無いとは思いますが、大事にするだけの
意義はあるんですね~。

皆さまもお気に入りの自転車があったら、外に放置は危険ですよ。

それにしても、駐輪場のおじさまとのコミュニケーションは
「おはようございます」と「いってきます」しかしていないのですが、
あまりにボロボロの自転車だったから覚えていてくれたのかな??

ご意見・ご感想はこちらまで→support@value-machine.jp

────────────────────────────────
■バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ
http://www.facebook.com/valuemachine.international
■ブログ「バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見」
http://blog.livedoor.jp/valuemachine/
■TWITTER @VMIstaff
■tumblr
http://valuemachine.tumblr.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お手数ですが、変更・解除はこちらからお願いします

アドレス変更→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailhenkou
メルマガ解除→http://value-machine.jp/mailmagazine/mailkaijo
─────────────────────────────────
発行元:株式会社バリューマシーンインターナショナル
http://www.value-machine.jp/
発行責任者&発行人: 河島 弘司
─────────────────────────────────

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。

━━━━━━━━━━━ Copyright (c) 2013 Value Machine International


Copyright(c) 2011 Value Machine International Co,ltd. All Rights Reserved.